2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 幸せすぎる(涙) | トップページ | 影響されやすくてもいーじゃない♪ »

2010年6月16日 (水)

言葉のチカラ

土曜は招待頂いた結婚式へ。
日曜は、ミラコスタからディズニーシーへ。
月曜は仕事の後にワールドカップ観戦。
でもって本日、今更ながら漸く伊藤計劃氏の「虐殺器官」を読了。

読み始めは、攻殻のアオイ君が小説書いたらこんな感じかなぁ……
という印象だったけど、読み進めると、非常にリアリティを感じるというか
フィクションの殻に覆われたノンフィクション?な印象を受けるというか。

夭折した作者。巻末の解説を読んで、そこで思わず涙した。
死を見つめ続け、生命を最期の最期まで燃やし尽くしたからこそ
ここまで殺伐としているのに、後味の悪くない作品を書けるのだろうか。

私にとっては、救いのない話では決してなかったが、読み手によるかも。
自分も登場人物の一人が結構好きだったので、そこでは人間って難しいなぁと思った。
価値観は人それぞれで、どうしても譲りたくないものは確かにあるけど、
それをお互いに主張した場合、最後にどうなるのが正しいのかな。
とにかく、すごく密度が濃くて、けれど、あっという間に読めてしまう、読ませてしまう力のある作品だった。

彼が生きていてくれたなら、どんな新たな世界を見せてくれたのだろうか。
そう思うと、本当に惜しまれる。

« 幸せすぎる(涙) | トップページ | 影響されやすくてもいーじゃない♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546644/48642397

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉のチカラ:

« 幸せすぎる(涙) | トップページ | 影響されやすくてもいーじゃない♪ »