2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« レスキューダンボールは最強v | トップページ | とてもムシできない。 »

2010年9月26日 (日)

混んでたー。

先週から胃の弱りっぷりが半端ないのですが、チケを貰ったので
東京富士美術館で本日まで開催のポーランドの至宝展に行って参りました。
まず、八王子の駅のバス乗り場の長蛇の列にビビる。
乗れない、絶対一台では……と思ってたら、すぐにもう一台来てくれてひと安心。
でも、こんなに乗ってたら、美術館内はどんだけ混んでるんだ(震)。

で、着いたら、思ってた以上どころじゃなく人がいた(笑)。
うわー、これ、中○文明展より全っ然多いよ!
最終日だから?きっとそうだよね……。

と動揺しつつ入る。常設展見てからということなので、見ました。
並び過ぎてて全然前に進まんので、遠目に見て
直感的にいいなと思った絵を中心に覗きこんできました。

モネの「海辺の朝」:帆船がど真ん中に描いてある…と
モディリアニの描いた誰か(笑)の肖像画:例の特徴ある線はまだ出ていない…と
シャガールの「曲馬」:幻想的な青が素敵!…が気に入りました。

ポーランドの至宝展の方は、目玉のレンブラントよりシェミラツキとマテイコがとっても良かった。
シェミラツキは、とにかく画面がハッとする明るさを持っていて、
これがもし部屋に飾ってあったら、間違いなく陽転思考になる(笑)。
見てると気持ちがクリアになってくる、そんな力を持っている絵です。

マテイコは自画像にふぉぉぉ、となりました。爺さま、ステキv
重厚な色調と、年齢の刻まれた手や、ゆったりと椅子にもたれる様が!

ホントはあと一枚気になる絵があったのに、忘れちゃった。
初老の婦人の肖像画だったけど、くっきりした人物像でなく
ある種デザイン画的というか、線の曖昧さが印象的だったんだよねぇ。
いつかまたどこかで見られるかな?

« レスキューダンボールは最強v | トップページ | とてもムシできない。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546644/49570596

この記事へのトラックバック一覧です: 混んでたー。:

« レスキューダンボールは最強v | トップページ | とてもムシできない。 »