2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 美術展やらダブルおーやら | トップページ | 戦ムソクロ、続けてます。 »

2011年5月 2日 (月)

見てます、ガンダムだぶるおー

ようやく2ndシーズンの5巻まで見ました。
以前に比べたらかなり下火になったのだとは思うのですが
それでもやはりすごい人気らしくて、レンタル中なことが多いのです。
その代わり、画集などのグッズ関連はとっても安価で手に入るのでありがたいけど。

2ndは、1stより人間関係が面白いです。
そして相変わらず、ティエリアがたまらんです。

1stでは仲間に対して「死んだかと思った」とか「次に独断行動をしたら後ろから撃つ」とか
不穏な発言をしていたティエリアでした(そんなティエリアもいい!笑)が、
アロウズから救い出したアレルヤに「おかえり、アレルヤ」とコーヒーを差し出しつつ微笑み、
マリナを送って行く刹那に向かっては「なんならそのまま帰って来なくてもいい」と冗談を言い、
イノベイドに向かって「僕は、人間だ!」と言い切る、などなど大変素敵に成長。

しかし、何といっても18話が最強。
みんながそれぞれ想う人の名を呟く中、
ティエリア「ヴェーダ…」、刹那「ガンダム…」ってどーよ(笑)。

まぁ、確かに大事ですけどね。
ヴェーダは人類救済(?)計画の要たる中枢コンピュータですし、
ティエリアにとっても戻るべき場所のような存在だし。
だが刹那、この期に及んでまだ「ガンダム」って
アンタはどんだけガンダムスキーなのさ(笑)。

2ndでは、刹那を1stの頃より好きになってきました。
いい意味で人外の存在になってきた気がします。
人間がもつ負の感情を超越しつつある、というか。
逆に、アレルヤは微妙。。。
マリーを戦わせたくない気持ちは理解できなくもないけど・・・さ。
2代目ロックオンも未だ良く解らないな。
アニューが能動的スパイなのか、単なるリボンズの端末的役割を果たしているのかもまだ判りません。

しかし、こんな壮大(ある意味荒唐無稽か)な計画を生み出したイオリア、すごすぎじゃね。
というのだけは判ります(笑)。

« 美術展やらダブルおーやら | トップページ | 戦ムソクロ、続けてます。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546644/51561930

この記事へのトラックバック一覧です: 見てます、ガンダムだぶるおー:

« 美術展やらダブルおーやら | トップページ | 戦ムソクロ、続けてます。 »