2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 救われたいのはみんな同じ | トップページ | 自分には向かない職業 »

2011年7月28日 (木)

巨星、堕つ

日本SF界の巨匠、小松左京氏が永眠されましたね。

ここ数年、夏になるとSFが読みたくなる事もあり
今年も何か1、2冊…小松氏のでも読もうかな…などと思っていた矢先でした。

自分が小学4、5年生の時だったと思います。祖母の家にあった叔父の本棚に
氏の作品「見えないものの影」を見付け、好奇心から手に取りました。
かなり衝撃的で、大変ドキドキしながら読んだのを覚えています。
暗褐色の闇の中を逆さまに落下する女性の絵が印象的な表紙で、
隅にネズミの絵が描かれていたような気がするのですが、どうでしょう。

その後見付けたクリスティの「七つの時計」を読み、推理小説の方に
ハマり込んでしまったのですが、小松氏の本の影響で
すっかりいい歳の今でも、ネズミに悟られぬよう
「ズミ」と読んでいるのは、ココだけの秘密です。

心よりご冥福をお祈り致します。

« 救われたいのはみんな同じ | トップページ | 自分には向かない職業 »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546644/52333521

この記事へのトラックバック一覧です: 巨星、堕つ:

« 救われたいのはみんな同じ | トップページ | 自分には向かない職業 »