2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 読書の秋に向けて、と、その前に安芸だよ。 | トップページ | 広島探訪記 その2 »

2011年9月21日 (水)

広島探訪記 その1

行ってきました秋の安芸~。
土曜の晩、20時発の夜行バスにて。
翌朝7時にバスセンター到着予定・・・って、この座席に11時間も座るんかーい!
それより台風絶賛接近中な現地のお天気はどうなの、ねぇ、どうなの?(震)
そんな具合に不安を感じつつも楽しく出発しました。

長距離バスに関してはですね、とりあえず、次回は乗ったらすぐ寝ないで、
せめて消灯までは起きていようと思いました(汗)。
そして、催眠のためアルコール飲料を持参すると良いかもね。
最初に1時間ちょい寝ちゃったら、その後3時間近くも寝付けなくなってしもうたわ(爆)。
腰を労る薄くて小さいクッションなんかあっても良いな。

翌朝。

広島に着くと、つい今し方までかなり降ってました、といわんばかりに道路がびしょ濡れでしたが、
バスから降りる頃には小雨もすっかり上がっていました。
なんて奇跡!元就公の優しさですか、これは!

痛いお尻をさすりつつ、朝食にお稲荷2個食べて、次は路線バスに乗り換えです。
ここから安芸高田まで更に1時間半のバス移動、もはや修行か殉教か?!(笑)

Nec_0031_2

無事に安芸高田市歴史民俗博物館に到着。
朝早いからか、ほとんど人はいません。
おかげで好き放題、見放題です。
古文書について、のVTR(1話5分)を6本見ましたが、とても興味深かったです。
年若い頃の輝もっちの書いたたどたどしい花押、そして、

行間ないよ!冗長以前に、読みにくいことこの上ないよ!

な大殿のお手紙。ス・テ・キv

毛利氏関連のトコだけ重点的に見て、2時間弱見学。
墓所をお参りするため山城に向かいます。

Nec_0033

お天気いいから大丈夫だね。
と思ったんだーけーどー、ここからがかなり苦行だったw
雨上がりの湿気で、ムシムシすることこの上なし!
おまけに、虫(蚊とブヨ)もひっきりなしに攻撃をしかけてくる。
ポケムヒは持ってるけど、虫除けは持ってきていないのだよ!(怒)

Nec_0034

Nec_0043

♪500年の昔はね、今よりもっと虫だらけさ~、
ダニ・ハエ・ヤブカ・南京虫~、シラミにノミにゲ~ジゲジ
さぁ、今こそ同じ苦しみを分かち合おうか~♪
と即興で唄ってみるも無理なものは無理。
墓所とか百万一心や三矢の訓えの碑を見るだけで撤収ですよ。

ごめんなさい大殿、アタシ吉田郡山城には住めないわ・・・

お昼ご飯に広島風お好み焼きを食し、再度バスで1時間半(・・・)かけて移動。
広島市内に戻り、平和記念資料館と公園を見学です。
連休だからか、原発問題で揺れている時期だからか、見学者多数。

それにしても

一瞬で、唐突にこんなにも多くの人命が失われたことにゾッとします。
天災でなく、人の意志によって行われたこと、しかも投下した本人は、上からの命令に従っただけという
人を傷つける痛みを伴わない、ほとんど無自覚での大量殺傷、本当に恐ろしいです。
戦を繰り返しつつも、人を殺める痛み、恨まれ、憎まれることに対する苦しみや諦め、
それらを忘れなかった大殿がこれを知ったら、広島のたどった苦難の途を見たら
きっととても悲しむだろうな、なんて思いましたね(涙)。

Nec_0045

ちなみにこの時は、太陽ギラギラでした。
台風接近?ウソじゃろ?な猛烈な照りつけよう。
白いパピコを食べ食べ歩く。ひゃっこくて旨い♪

明日の宮島参詣に備え、路面電車(普通の電車より時間かかるけど、乗り物好きには楽しい)で
宮島口まで約45分かけて移動し、お宿に到着。
天気予報の「明日は広島全域に雷注意報」にブルブルしつつ、ここで1日目が終了です。

« 読書の秋に向けて、と、その前に安芸だよ。 | トップページ | 広島探訪記 その2 »

旅の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546644/52795505

この記事へのトラックバック一覧です: 広島探訪記 その1:

« 読書の秋に向けて、と、その前に安芸だよ。 | トップページ | 広島探訪記 その2 »