2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 最近こんな感じです。 | トップページ | 最果ての地でツバキ愛を呟く »

2015年10月23日 (金)

憎むべきもの

割と、大抵の生き物に寛容な方だと思うが、どうあっても許せないのがカメムシだ。
自分主催嫌いなもの選手権では常に上位に食い込む。
無論、ゴキブリもかなり嫌いだし、某所で手の甲を這われた時は流石に「ギャー!」と叫んだが、
それは至極一般的な反応だと思う。
大体、ゴキなら怒りと驚きに任せて叩き潰すことが可能だが、カメムシはできない。
それどころか寧ろ、ほとばしる殺意と裏腹にそーっと優しく、まるで大切な物を扱うかのように、
ティッシュか何か柔らかな物で包みとってやらなければならない。この敗北感は何だろう!
この点において既にカメムシがゴキより上であることは確定している。勝者カメムシ。

さて、そんな私のカメムシ嫌いの発端は、小学二年生の晩秋に遡る。
学校へ向かう道すがら、何やら嫌~な臭いがする。
どこまで行っても付いてくるので、どうやら原因は自分になるらしいが、良く判らない。
鼻をクンクンさせつつ教室でランドセルを降ろして愕然とした。
あろうことか、ランドセルの肩紐と肩に挟まれる形でカメムシが圧死していたのだった!
これは、かなり嫌な記憶として私の中に定着した。

そして、二度目の近接遭遇は中学二年の、やはり秋の頃だ。
授業中、ジャージのズボンがゴソゴソチクチクする…ポケットの中だ!
手を入れる……「?」小さく丸めた紙のような感触のそれを取り出すと……「!!!」
その瞬間、正直「うぎゃぁおおおぉぅ」とでも叫んで校庭を3周位走り回りたい気分だった。
しかし、その気持ちを必死で、全力で押し殺し、級友に気付かれぬよう、隅にポイッと投げた。
奴は、暗く窮屈な場所から急に明るく開けた場所に放たれ幾分戸惑っているようだったが、
敏腕エージェントよろしく周囲の変化にすぐに順応し、悠然と活動を開始した。
こっちはいつ奴が飛ぶかと気が気でなく、授業も全くの上の空だった。
が、休み時間、そいつは呆気なく、ある同級生の女子の「あ、カメムシだ」の声と共に
手に載せられ、外へと逃がされた。この点において、私は今でも彼女をかなり評価しているし、
彼女を思い出す時は決まってこの一件も思い出す。

そして今、都内に住んでいる私は、またしてもカメムシの脅威に曝されている。
秋が深まってくると、越冬する虫は動きが鈍り、どこか温かい場所に潜り込もうとする。
奴等も昼間はのほほんと日向ぼっこを楽しんでいるが、陽が傾き始めると夜をやり過ごすために寝場所を探し始める。
先日、奴はウチの洗濯物に狙いを定めたらしい。正確には、被害にあったのは我が子だが、
激しい悪臭を放ちつつ動くそいつをやっとのことで服から引き離し、巧いこと誘導してトイレに流してやったのは私だ。
息子も「クサイクサイ」と嫌がっていたが、私の精神的ストレスもかなりのものだった。
何しろ、都会のカメムシはマジデカイのだ!
田舎にいた頃良く見た約1センチの茶色の奴と違い、黒灰色のそいつはなんと2センチ程もある。
「東京に行ったらお前等なんぞとはおさらばよ、フハハハハ」だったはずが、とんでもない誤算だった。
都会のドブネズミは田舎のそれより大きいというが、害獣・害虫ほど都会では巨大化するということだろうか。

かくして、私とカメムシの戦いはまだまだ続きそうだ。
今年はこれが最大の山場だった(らいいと願っている)が、実は去年も一昨年も巨大な連中を葬った。
奴等からすれば、私が天敵?しかし、そうだと言えるほどの力は私にはない。

本当に、カメムシこそ絶滅しても全く問題がない生き物な気がする。
食べても絶対に旨くなさそうだ、鳥的にも、蜘蛛的にも。
どなたか「違う!カメムシはこんなに世の中の役に立っているぞ!」という方がおいでなら
是非ともご意見・反論を拝聴したい所存である。


実は、こんなバカバカしい内容でブログ再開というのはどうなんだろう……と4日以上悩んでいたが
その間にも二回も奴の襲撃を受けたので、受けて立つぞという決意表明にupすることにした。
毎日、洗濯物を取り込み畳み終わるまではロシアンルーレットをやっている気分、何この緊張感!

« 最近こんな感じです。 | トップページ | 最果ての地でツバキ愛を呟く »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546644/62536386

この記事へのトラックバック一覧です: 憎むべきもの:

« 最近こんな感じです。 | トップページ | 最果ての地でツバキ愛を呟く »