2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

アニメ・コミック

2011年5月 2日 (月)

見てます、ガンダムだぶるおー

ようやく2ndシーズンの5巻まで見ました。
以前に比べたらかなり下火になったのだとは思うのですが
それでもやはりすごい人気らしくて、レンタル中なことが多いのです。
その代わり、画集などのグッズ関連はとっても安価で手に入るのでありがたいけど。

2ndは、1stより人間関係が面白いです。
そして相変わらず、ティエリアがたまらんです。

1stでは仲間に対して「死んだかと思った」とか「次に独断行動をしたら後ろから撃つ」とか
不穏な発言をしていたティエリアでした(そんなティエリアもいい!笑)が、
アロウズから救い出したアレルヤに「おかえり、アレルヤ」とコーヒーを差し出しつつ微笑み、
マリナを送って行く刹那に向かっては「なんならそのまま帰って来なくてもいい」と冗談を言い、
イノベイドに向かって「僕は、人間だ!」と言い切る、などなど大変素敵に成長。

しかし、何といっても18話が最強。
みんながそれぞれ想う人の名を呟く中、
ティエリア「ヴェーダ…」、刹那「ガンダム…」ってどーよ(笑)。

まぁ、確かに大事ですけどね。
ヴェーダは人類救済(?)計画の要たる中枢コンピュータですし、
ティエリアにとっても戻るべき場所のような存在だし。
だが刹那、この期に及んでまだ「ガンダム」って
アンタはどんだけガンダムスキーなのさ(笑)。

2ndでは、刹那を1stの頃より好きになってきました。
いい意味で人外の存在になってきた気がします。
人間がもつ負の感情を超越しつつある、というか。
逆に、アレルヤは微妙。。。
マリーを戦わせたくない気持ちは理解できなくもないけど・・・さ。
2代目ロックオンも未だ良く解らないな。
アニューが能動的スパイなのか、単なるリボンズの端末的役割を果たしているのかもまだ判りません。

しかし、こんな壮大(ある意味荒唐無稽か)な計画を生み出したイオリア、すごすぎじゃね。
というのだけは判ります(笑)。

2011年4月21日 (木)

マンガとかアニメとか

また地震でしたね。落ち着いてきたか?と思うとありますよね。

昨日、昼過ぎ、人身事故の影響で満員だった電車内で
推定年齢26歳な中肉中背男性が立ったまま黙々&延々と
「匠の味 黒糖かりんとう」を食べていたのに目が釘付けでした。
これが、おかきやポテチだったら「なんだコイツ!」だったろうけど
かりんとうって時点で「な、なんだ…コイツは?!…」になるんですね。
格が上のコイツですよ、もうただただ見つめるのみですよ(笑)。

ちなみに帰りの電車では、煎餅をバリバリ食べる推定年齢32歳がいましたが、
煎餅は、車内に臭いが充満してかなりイヤな感じでしたねぇ。
そう考えるとかりんとうは、なかなかいい選択なのかもしれん、ふむ。

ところで、昨日は星歌最終巻の発売日でもありました。
サク、良かった。チヒロ、良かった。桜、良かった。
そして、かなちゃん、ありがとう(涙)。でした。
読んでる私が一番諦めててゴメン、読後そう思った。
かなちゃんの台詞が、いいなぁ。深くて温かい。
フルバが解放なら、星歌は再生の物語だったなぁ。

実は、今更ながら、本当に今更ながら、ガンダムだぶるおー見てるんです。
BSでやってるの見てたけど待ち切れず、DVD借りようってなって。
で、昨日第一部の最終巻見たんですが、勿体無いなぁの一言だ。
急ぎすぎですよね、せめてあと一話増やせば良かったのに。

美人さんで可愛いティエリアが一番好きなキャラなんですが、
全編通して正直あんまりいいトコなしだった気がする…よねぇ?(震)
あとグラハムさんは、(本当は?笑)すごいいいキャラなんで、
刹那との戦いは、もっと時間をかけて描いてあげて欲しかった。
あの取って付けた感満載のラストの戦闘シーンはどうか(悔)。

と、まぁいろいろ切なく思いましたが、これから第二部を楽しみに見ます。

そうそう、夏から「BLOOD-C」が始まるらしいですよね。
キャラ原案とか脚本とかCLAMPが手がけるらしい。
前作は継承しないんだろうな、寧ろ思い入れがあるんで、全く別物の方がいいな。

ブラプラは、マンガ版の方が陸好きとしては救いがあって良かった。
ソロモンも食えない奴で、かなーり好きでしたし。
アニメ版の純愛一直線なソロモンもいいけど、100年生きてたらやっぱ
それなりの老獪さとか打算とか狡さがあって欲しいよね。
マンガ版はその点、ヴァンとの掛け合いも楽しくて、
超然とした感じが見てて気持ち良かったのです。

新生BLOOD、久々にリアルタイムで見るアニメになるといいなvと期待しとこ。

2010年1月14日 (木)

マンガは文化だv

あーあ、結局「きのう何食べた?」の3巻は返却されなかったので、
半額期間内に借りることはできなかったわー。
でも、「星は歌う」と「夏目友人帳」は、既刊全部借りられましたv

「きのう何食べた?」は青年誌で連載されてるけど、
出てくる主人公(シロさん?でいいの?)はゲイなのです。
んで、お料理が半端ナイ!弁護士設定で、この料理の巧さ?超人?
料亭というよりおかん的だけど、こっちが思わず反省するほど料理に手を抜かない(笑)。
2巻では、いっそうお料理に重点が置かれてる気がします。
レシピ本出てないかな?「あした何食べたい?」とか(笑)。

「星は歌う」、これは、「フルバ」より更に少女マンガっ!な少女マンガです。
ヒロインのサクヤが、健気で可愛くて、はかなくてほっこりしてて、
見ていてもぉたまらんのです(涙)。フルバの透くんがお母さんに
とっても愛されていたのとは真逆で、サクは母親(っても継母)に愛されずに
生きてきて、それが心の闇になってるんだけど、それぞれ痛みを抱える
従兄のカナちゃん、友人のセイちゃんやユーリ(すっごいいい奴!)、
そして、たくさんの哀しみと苦しみを抱えた千広と出逢い、
切なくも抱き締めたくなるような毎日を送っていきます。

あー、関係ないけど、少女マンガって地に足がついてるよね。
設定関係なく、読んでると重力に引っ張られてる感じする。
少年マンガが、別世界へ飛んでいく感覚受けるのと違って。

「夏目友人帳」は、もののけの見える少年、夏目が主人公ですが
もののけ達との関わり方が柔らかで、とってもいい感じです。
ツユカミ様とか燕の話なんて、2度読んで2度とも涙したよ(号泣)。
アサギとカリガネ、ホタルやリオウ、玄と翠のお話も良かった~。ミスズも好き好きv
でー、番外編のちびっこ狐がめちゃめちゃ可愛くて…抱っこしたい!させて!
嬉しくて、ふかふか尻尾をパタパタさせてる姿がヤバイ位破壊的にカワエエ。
アニメ版はどんな感じなのかな?「蟲師」みたいな雰囲気だと嬉しいんだけど。

そういえば、今朝ホタルの夢を見たんです。
夏目のおかげかな?夢とは思えぬ、とっても綺麗なホタルでした。

2010年1月12日 (火)

借りましたー♪

お仕事納品に行って、予感通り(笑)今日は預かりがなかったので
帰りにGEOに寄ってコミックレンタルして来ましたー。
今日から3日間半額なんですよhappy01

で、オススメ頂いてた「きのう何食べた?」1,2巻(3は借りられてた)と
「夏目友人帳」1巻、気になってた「星は歌う」1,2巻を借りてきました。
ホントは「7SEEDS」あったら借りたかったのに、置いてないのさ。
てなわけで、これから読んでみます♪

2010年1月10日 (日)

丑年は終わったけど

いやぁ、今日はテンパッてたわー。
どこがどこに繋がってんだよ、この文章わっ(汗)的な疲れが。
まぁいいんだ、明日も頑張ろうー!

昨日、荒川弘さんの「百姓貴族①」買いました。
これがまた、切ないようで面白い。
あー解る!ってトコもあるし、そうなのかー(涙)ってトコも。
荒川さんは、ずっと命の重さやはかなさを見て生きてきたから
「ハガレン」読んでも、命の扱いに対して、
すごく真摯に向き合ってる印象を受けるのかな?
戦いのシーンでも、血の通った温かさを感じるというか。

まぁとにかく、まとめると、
牛は可愛いheart01牛乳は美味しいheart01ってことです、ハイ。
昔から、どっちも大好きですv

2009年12月12日 (土)

ようやく見た!

今日の分で遂に4話もたまってしまった「獣の奏者」、今ようやく見た☆
物語もいよいよ佳境だなー。ていうか、キリク……哀しい、哀しすぎる。
原作は読んでないんで判らないんだけど、彼はあれで生きてるんでしょうか?
最後はちゃんと幸せになれるんでしょうか?あのままじゃ凍死しちゃうってー(号泣)。
エリンやイアルは幸せになれる気配濃厚なんでいいのですが、
どうかキリクを救済してあげて欲しい、マジでマジでcrying

旦那に頼んでQ-potムックの第二弾、買って来て貰いましたv
今回はビスケットエコバック付きですよーん。
アリスシリーズの新作、懐中時計ネックレスが可愛いなv
ドコモ携帯も限定で出たけど、ヤフオクで高値でバンバン出てて萎える。
本当に愛してる人に買って使って欲しいなぁ。

アリスっていえば、ハトアリの4巻が出てる事に気付いた!
そろそろじゃないかと思ってたんだ、なのに結局忘れてるという(汗)。
近日中に買って来よ。