2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2011年7月10日 (日)

本の感想、というより萌え

いつでしたっけ?忘れなければあげる、と言ってた本の感想。

とりあえず、マンガを除いて読んだ本について、ノートからちょびっと移しておきます。

続きを読む "本の感想、というより萌え" »

2011年4月 2日 (土)

遺伝子って不思議

3月号のナショジオのTOP記事~野生動物 ペットへの道~
がすごく面白かったので、概略及び感想をこちらにも転記。

1958年に始まり、現在もロシアで行われている
キツネ(他ラット、ミンク)が世代を重ね、人間に慣れるまでの経過観察・研究や
野生動物が家畜化されてきた背景には遺伝子が関係しているのではないか
という考察・証明が非常に解りやすく説明されています。

現時点で家畜化されたといえる生物種は、大型ほ乳類では僅か15種だそうですが、
その家畜化に至った過程を知るには、古代に遡らねばならない場合もあるため、
手掛かりが非常に少なく、未だに謎も多いそう。
ちなみに現在、家畜化されたといえる主立った生物は、
イヌ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、ウシ、ネコ、ニワトリ、リャマ、アルパカ、
ウマ、ラクダ、スイギュウ、ロバ、ヤク、シチメンチョウなど。

1世代のみならず数世代に渡り「人間の傍で共に暮らす」という
野生動物にはない性質が生じ、維持されているのは何に拠るのか→遺伝子?
という推論から出発したこの研究は、人に対する警戒心の薄い
個体同士の交配を重ねることで、犬のように懐くキツネを生み出しました。
無論その逆の研究も行われており、人間に敵意を剥き出しにするキツネも生み出されています。

そして、ここが一番興味を引かれた点ですが
「攻撃的な個体から生まれたキツネは、人慣れした母ギツネに育てられても、人に懐かず攻撃的であり続ける」
というのです。うーむ、育ての母より生みの母?

同様のことが他の生物にどの程度当てはまるのか?
遺伝子はどこまで生命の性質に干渉するのか?

知りたい。知りたいぞー。
疑問と好奇心とでワクワクしてきますよねー。

遺伝子研究というと、倫理的側面からあれこれ言われる場合もありそうですが、続報が待ち望まれます。

3月号は、付録のポスターもとても興味深いです。
地球の70億人を所得別にみたデータが載っていますが
これを見ると、どれほど限られた地域に富や資源が集中しているのか…と
何ともいえない気持ちになると共に、しかし或いは、パワーバランスが世界的に
均衡になった場合の地球の負担は?等々いろいろと考えさせられます。

分かち合い・共生・・・そういうことを世界規模で考え、未来を明るくしていきたいものです。

2010年11月21日 (日)

てんこ盛りの本:抜粋

以下の本を買いました。以下以外も買ってますが。
何だか今月は特に、読みたい本が豊作すぎて困っちゃうわ。
そして、それらを堪能し尽くす時間を作れないのがまた困る。。。

・皆川センセのピースメーカー6巻
ギャー、ビートに死亡フラグが立ちそうでやや不安。
生きてくれ、せめて最終巻手前まで(え?)は。
いや、生かして貰えるならラストまで!とお願いしたいとこだけど、
銃士としては、大ボスとの闘いで死す可能性が高いので(涙)。

・ゴーストハントリライト版1巻
未読です(笑)。
が、現代に合わせて、加筆修正があるそうなので楽しみ。
文字も判も大きくなりラノベちっくになりました。表紙絵はコミック担当してたいなださん。
キャラ紹介と小野さんへのインタビュー補足が掲載された折り込みが入ってます。
なぜか端っこに応募券が付いてるんだけど、集めると何か貰えるのだろうか。

・真・三國無双10周年記念キャラクター全集
限定生産につられて思わず買っちゃいましたよ(笑)。
3~5のトレジャーBOX、設定資料集、無双通信等全て持ってるという方以外なら楽しめるかな。
といっても、こうして一冊にまとめて見ると、キャラの変遷が分かって面白いですけどね。
シリーズ通してのキャラ絵が、デザイン画とCG画、1作につき1ポーズずつ載ってます。
董卓とか許褚、淵たまなんか見ると「あー」な感じ(どんな感じですか)。
あ、でも3までがモブだったキャラのモブ絵は載ってません。
モブだった過去は忘れろ、ってことですかねw

しかしね、とりあえず、記念なんだから5凌統のホクロの位置直そーよ!
そして、折角だから5spで新たにシナリオ追加された武将カードの絵も載っけよーよ!
若干中途半端な残念感が否めませんが、マルチレ2で復帰した姜維や大喬など
マルチレの資料絵がなかったキャラも載ってるんで、そこは良かったかも。
女媧たんや項羽などのゲストキャラも小さくですが載ってます。

来週は早々にハガレンやらソルイタ、ビリーバット、リアルも出るので楽しみですv
雑誌ではオトナファミ面白いよ、お薦めだよ!相変わらず、届くのは遅いけど(苦笑)。
てことで、またちょっと潜って作業してきます。

あ、そーいや「ヲ乙女図鑑」ってのも買ってみました。小日向さん出てまーす。

2010年10月14日 (木)

痛快爽快

「のぼうの城」読了しました。

たまらん!!!

三成に大谷さん、靱負や正木丹波もなんて清々しいんだ(涙)。
甲斐姫だけは、なんか切ないんだけど、うん。

人生で今までに出会った正木さんや酒巻さん、和泉さんetcをふと思い出してしまった。
中には、うっすら血を引いてる方なんかもいたのかなぁ、なんて。

そーいや、今月出たバクマン10巻は面白かったわ。
内容がマンガに関するアレコレだと楽しい。
中途半端にどーでもいい恋愛系のネタが出てくるとつまらん。
そんな感じね、バクマンは。
岩瀬、とんでもキャラになってきたなぁ。

2010年10月10日 (日)

反省と後悔の間で

金曜、そう、既に今はもう秋~♪だというこの季節!
ようやく夏に読み始めたメタルギアソリッド4のノベライズを読み終えました(爆)。
残りたった50ページだったというのに、何というか・・・・・・
痛々しいスネークの描写と作者の伊藤さんの当時のお姿とが
シンクロしちゃって、読むのが非常に辛くて。。。
まぁ、自分が弱りがちで、電車に乗ると爆睡しちゃうってのもありましたがね。

この間、去年の健康診断以来だから、ほぼ一年ぶりに体重測ったんですよ。
いつも持ち歩いてるバッグがとっても重いけど、一体何キロあるんだ?(汗)と。
で、体重計を引っ張りだして測ったら・・・4キロ減ってて驚いた!
寧ろ、体重計の故障を疑ってすらいます・・・・・・。
ちなみに、バッグは重量3.1キロでした。

それはさておき、「のぼうの城」が文庫化されたので、読み始めました。
ものっそい面白いです!!!甲斐姫カッコイイ。
三成や大谷さんも出てくるし、ウッキウキですよ。

成田氏が北条方に付いたり上杉方に降伏したってくだりでは
春秋の鄭を思い出しましたがね。小国ってツライ(涙)。

涼しくなっていい季節になってきましたし、一気にこのまま読み進めたいですv
夏からこっち、マンガや雑誌以外ほとんど読めてなかった分を
取り戻したい、ちょっとでも。

2010年10月 2日 (土)

やっぱり本が好きなんだ!

今週前半、仕事を届けて帰ると、めっちゃひどい雷と
バケツならぬバスタブをひっくり返したような大雨で、
とても駅から出る気が起きず、本屋で時間つぶしたんですが、
その際、気になっていたねむようこさんの「深夜3時の危険地帯」を
ついに買ってしまいました。そしたらね、いやぁ、すんごい面白い!
てことで、翌日、その前作の「深夜3時の無法地帯」も
すかさず購入。パチンコのPOP製作会社に勤める
ももちゃんて女の子が主人公のストーリーなんですが
個性的な同僚やらありえねぇだろ的な勤務時間やらが可笑しくて
あっという間に全3巻読んじゃいました。
何より、ねむさんの描く線が、ホントに私の好みなんだ!!!
あぁ、こういう絵好きだなぁ。。。

昨日はコミック、ゴーストハント12巻を買ってきましたが
これで最終巻なのね?!「悪夢の棲む家」は出さないんだね。
まぁ、ここで終わりの方が、物語としての座りはいいけど。
「悪夢……」大好きな作品なので、これも漫画化して欲しかったなぁ。

でもでも、すっごく嬉しいニュースが!
小説ゴーストハントシリーズが、リライト版で出るってんですよ!
文庫版は絶版で、数万という値でヤ○オクなんかで出てまして
私もそっから手に入れましたが、かなりお値段的にアレなんで
もっと多くの人に手に取って貰えるように復刊したらいいのになぁ……
とかずっと思ってたから、本当にこのニュースは嬉しいっっv
11月から全7巻、隔月刊行だそうです♪あー、幸せだ♪♪♪

今月はチェーザレ8巻も出るそうだし、楽しみ。
これで呂布子ちゃん出たら言うことないのにー。
早く続きだして欲しい。。。

2010年9月 8日 (水)

10年ひと昔

今日は台風による大雨のせいで、電車移動が辛かった(涙)。
特に、朝のギュウッギュウの満員電車で、
煙い(ってもタバコでなく焚火っぽい?!)のはやめて(汗)。
ダレ一体?朝ご飯、竃で炊いてんの……?

買い忘れてたダ・ヴィンチを本日購入。
連載開始から欠かさず読んでいたバレエマンガ
「テレプシコーラ」が遂に最終回でした!
ひょえ~っ。コレって10年も連載してたの?
じゃ、つまり自分、10年この雑誌買い続けてんの!

驚きました(笑)。

あとは、よしながふみさんの「大奥」インタビューが載ってたのが
読んでて心にずきゅーんときました。
だよね、世の中、人間を繁殖させようとしすぎだよね!

少子化対策を声高に叫んでる人々には申し訳ないけど、
これ以上地球人口増やさんでいいんじゃないかとこっそり思っている。
時として、凶悪な病原菌やウィルスが出現するのも
実は、地球が悲鳴を上げながら人類を淘汰しようとしてるからじゃ
……なんて感じています。SFろまんちっく。

まぁ、命ある限りは、日々楽しく何かをクリエイトしながら生きたいですけどねv

2010年5月19日 (水)

マンガな日々

ん、もしかして今日は19日?星歌8巻の発売日だワン!
と、いそいそ寄った本屋で、つい手に取ってしまったもの、オリンポス1巻。
2巻もあったけど、かろうじて踏み留まった。
絵柄がキレイで素敵~。キラキラのヒラヒラ~v
内容はちょっと人を煙に巻くというか、哲学っぽいですね。

しかし、レジでは踏み留まれなかったんだ(汗)。
丁度ビニールかけ作業中の皆川さんのピースメーカー5巻、買っちゃったよ!
既刊、全くの未読のクセに、どーすんのさ!?
だってだって、表紙のイカしたオジイ見たら、つい!
それもテラゴリー先生@シュヴァリエを彷彿させるときたもんだ(涙)!

星歌8巻、素晴らしいです。
沙己、イイ男だなぁ。コイツは年の割に、本当に完成されたイイ男です!
でもって、サク~っvvv
あぁ、何でこんなに可愛らしいのだろう。
124ページの表情、たまらないんです。ギュ~ッとさせて、お願い!
いっそ、ウチの子になってくれ、サク~。
できたら小さいうちから育てたい(かなり本気)。
なぜ?どうして?って、泣いて壊してやりたくなるような毎日を
じっと耐えて過ごしてきたであろう幼い日のサクを、ひたすら抱き締めたいです。

でも、現実にそういう毎日を生きている子どもも多いんだろうなぁ。
どうか、世界の人々が、できるだけたくさん、幸せに笑っていられますように。
そんな星であってくれ、地球!
ていうか、そんな星にしたいもんだ。

以下私信:

まりま様、申し訳ないですっ。
8巻出るまで待ってからお貸しすれば良かったのに、
発売日のこと、すっかりサッパリ忘れておりました(汗)。
やーん、私のバカバカ(涙)。

2010年5月14日 (金)

ここんトコ、こんな感じで。

スイッチ入って、マンガ街道驀進中です。
主に通勤時間の電車内で読みますが、マンガっていいですねー。
1冊だいたい15分程度で、軽々読み終えられるもん!
おかげで2度3度読めるずぇいv

動物の国①②
ガッシュに胸を熱くした人ならオススメ。
目頭を熱くさせつつ、ほのぼのとした気分にもさせてくれる。
お母さんなタヌキ、モノコの奮闘ぶりが微笑ましい。

3月のライオン①~④
ずっと我慢?してきたが、④巻の表紙のオッサンが気になってたまらず、購入。
ジンワリ、ウルウル滲みる羽海野節は健在なれど、
棋士同士の闘いの場面には、静けさと緊迫感が漂う。
見ている方はホント切ないんだ(島田さん!涙)。

とらドラ①~③
アニメ版の絵柄が可愛くていいな、と思ってたら、マンガも出てたのね♪
手乗りタイガーこと大河がとっても可愛いv
そして、その友人みのりんが破壊的にサイコー!
このKYぶりには、周囲が救われる。

シャーリー
13歳のメイド、シャーリーの物語+2篇。
シャーリーの健気さ、イトケナさに、ほんわかする軽やかな読後感。

星は歌う⑦
レンタルしてたのが、返さない人のせいで、店に並ばなくなった (`ヘ´#)ので、
これから自前購入だ。今月⑧巻も出るの、楽しみ楽しみ♪今回はかなちゃん編。
切なくて涙して、良かったねぇって最後に微笑える、そんな⑦巻なのです。

悦楽の園 上下
ヤングアダルト向け小説。文庫版の表紙が気に入って購入。
地球の、日本の、社会の中の、小さな世界・集団、人と人との関係、
大人、子ども、普通とヘンの境界線……そういったことを、いろいろ考えさせられます。
読後、気持ち的には何となくスッキリしないけど、読んで良かった!と言い切れる作品。

と、昨日までにこれだけ読みました。あ、絶園のテンペストも読んだな。
来週中には、坂道のアポロン、駅まで5分、ADAMASも読む予定。

雑誌では、日経ビジネスアソシエがかなり好きで、毎号読んでます。
最新号の特集は朝活。自分は朝に勝てそうにないんですがね(汗)。

パーソナルブランディングの記事、「ハングリーポイント」を探せ、もなかなか。
いくら続けても苦にならないことが大切。どんなにやっても続けられることなら、
それがニッチなジャンルであっても強みになる、とか。
なるほどー。私にとって苦にならないことって何だろう?
……草むしり?って、ニッチすぎる(汗)。

2010年2月28日 (日)

本ネタ

本は、あれから最後の短編、鳳凰の冠を
やっとこさ読み終え、次の作品に移りました。
今度のは、初篇が曹カイが主役の短編集ですが、こっちは読み進むの早い早い!
てか、鳳凰が進まなすぎだったのですよね(汗)。
自分的にあまり好きな感じの話じゃなかった、ということか。


「学問のスヽメ」も就寝前限定で読んでるからか、あまり進まないんだけど。
とりあえず、諭吉さんはきっと子貢好きだろうな、と思うw

より以前の記事一覧