2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

春秋

2010年11月14日 (日)

至福の春秋友の会

ご出席の皆様、お疲れ様でした。
今回も大変、大変楽しかったです~!

どうもありがとうございました。あいらびゅ~んv

前日バカやらかしたので(タクティクス・オ○ガでほぼ徹夜・汗)
寝オチしてしまうんじゃ・・・と不安だったのですが、そんなの全くの杞憂でした。
とってもとっても楽しゅうございましたv
後日、いろいろお礼を述べさせて頂くことにして
今回は取り急ぎ、ありがとうの気持ちだけでも叫ばせて下さい!
でないと、今夜目玉がランランして眠れそうにないので(笑)。

大事なことなのでもう一度言いますぞ!(笑)

皆様、とっても楽しい時間をありがとうございましたっ。大好きだぁcrying

2010年3月25日 (木)

認識される字されない字

いやぁ、昨日の記事ですが、骨記ってなぁに?と聞かれ
何って何よ?と携帯で見ると、確かに「骨記」になっとるがね(爆笑)。
えー、骨記?それって、どんな内容?!みたいなタイトルですね。
どの機種で見てもこうなのかしら?蹇叔がちゃんと認識されてるのに、
こんな単純な字が認識されないとは。。。侠、こっちだったらオッケーなのか?

まぁそれはさておき、だ。
その短編集の『買われた宰相』の中に、韓非子から
……蹇叔干に処りて、干亡び、秦に処りて、秦覇たり……
という下りが引かれておりまして、どうしても確認したくなって
韓非子を出したものの、どの箇所なのかさっぱりじゃん。
4冊(岩波の)あるからなぁ、と思いつつ、何となく第3冊を出して
開いたページ、298ページに、あったよ蹇叔の文字が!!!(笑)

えーと、これは、百里奚と蹇叔を追及せよ!との天からのお達しですか?

今日は、久々に無双呉に行って来ました。
なのに、また凌統ってば留守なんだよ~……あぁそうかい、と
秘書のおっさんから給料受け取って出掛けたら、街中で遇いました(苦笑)。
たまには執務室に居てくれよ、もぉー。

萌えの神髄

しばらく前、どんどん進むー♪とのたまってた「俠骨記」ですが、
最後の一篇を残したまま、全然進んどらんかったのです
……それはね、電車でいつも爆睡だったからさ(汗)。
移動時間が主な読書時間なのですが、春眠の魔の手はここにも!
つーか、ここんとこ戦う司書をドトーのように読みまくってた所為もあるのですが。

でまぁ、今日ようやく読了しました……たまらにゃい!(震)です。
百里奚と蹇叔(けんしゅく)のコンビの仲良し加減が可愛すぎる!
ほぼ虚構というけれど、どこかに一片の真実があればそれで良いよ(涙)。
この感動を胸に、春秋名臣列伝もまた読み返そうv

2010年3月18日 (木)

漢籍セミナー補足

じゅーろく茶のCMのガッキーを見ると、その可愛さに思わず、
にへら~wとしてしまう今日この頃です。可愛いなぁ、ガッキーv
先々週、かしゆかのそっくりさんを見て「おぉっ?」ともなりましたが。
爽やかな黄色のミニワンピで、生足が眩しかった☆

そういえば、この間の漢籍セミナーの時のことなのですが、
ひとコマめの三宅先生の回で、腐刑に関して何か仰ってましたかね?
予習で同氏の論文「秦漢刑罰体系形成史への一試論」
を読んで行きまして、腐刑について何かお話出るかな~?
と思ってたのですが、言ってなかった気がするので。

えぇ、気がするので、というのはですね……
途中から気配はあったのですが、残り10分前に
もぉ、めっちゃトイレに行きたい!(涙)となって、
かなり気もそぞろになってたからなのです(爆)。
10分ガマン~と思ってたら、20分延びましたしね(汗)。
幸い、アルコール摂ったおかげか、尿毒症にはなりませんでしたが。

それはさておき、腐刑(宮刑)や中国の影の?支配者宦官に関する
読みやすく面白い、真面目な本はないものでしょうか?
制度としては、韓国や日本にも伝わったとも聞いたのですが、
そこら辺にも言及してくれてると嬉しいんだけどなぁ。
とりあえず、やはり中公の宦官を読むのが一番なんだろか。

2010年3月15日 (月)

中国に浸る

眠い、眠いっす~。
ちゃんと睡眠時間は確保しているのに、ひたすら眠い
そんな春眠病にかかってます、毎年この時期(涙)。

で、既に土曜のお話ですが
漢籍セミナー&Tシャツ三国志観劇(もとい感激)ツアーに
同志4名様とご一緒させていただきましたv
てか、私ってば言い出しっぺのクセに
待ち合わせ時間に遅れたですよー!!!
信じらんない、サイテーじゃないか(号泣)。
駅には、ちゃんと15分前には着いていたにも関わらず、
しかも念のためと、人に道を訊いたにも関わらず、
目的地にたどり着けないこの不思議???
……方向音痴の本領発揮です(爆)。

セミナーは、なかなか充実しておりました。
こうやって講義を受けるの、学生みたいで楽しいなぁ♪
特に2コマ目がとってもツボでした。
レジュメがすごく見易くまとまっているのも好印象。
何にでも言える事ですが、難しいことを
理解し易く面白く話せるって素晴らしいですねv

今回のネタは「法と刑罰」に関してです。
本来、天網恢恢じゃないが、悪い事したら即神様からの
天罰(落雷?)が下るよー、というなら話は簡単なんですが
世の中そんなファンタジックなこと起きないので
人が、罪を犯した人を裁くため、罪を贖わせるために
いろいろと知恵を絞って生み出されたのが法律と刑罰なんですよね。

あ、でも、案外ちゃんと神様いても、そうそう天罰下さないのかも。
「十二国記」で神様の箱庭って表現があったけど、
「戦う司書」読んでても似たような感じ受けたんですよね。
結局どうにもならないトコまで来ないと、天は人に手を出さない(苦笑)。

と、話が横道に逸れましたが、
まぁ、法律は人の作るものですから、
抜けてるトコもまどろっこしいトコもありますし
現実に即して、都度都度変えていかなきゃいけないってことですよね。

その後、腹ごしらえを挟んだ後、Tシャツ三国志の会場へ。
お芝居観るの久しぶりー、どんな感じなのかなぁと思ってたのですが
……スミマセン、予想してたよりずっと面白かったよ!
呂布と貂蝉のシーンでは、思わずウルッときたりもして。
基本コメディなんだけど、それだけじゃない素敵な舞台v
三国志好きは勿論、そうでない方でも十分楽しめる内容ですよ。
お誘い下さった八和様に感謝感謝ですっv

観劇後は、駅近くでちょっぴりギョーザを頂いて、
無事に楽しく帰って参りました。

かのや様、蛙様、八和様、あんちょ様、今回も大変お世話になりました。
皆様大変博識で、自分、場違いな感じも否めないのですが
毎度仲良くして頂いてありがとうございます。

というわけで、充実の3月13日、でした。